幼稚園の先生のおすすめ夏休みの過ごし方!

yjimageW6LZ5HZP幼稚園の先生の特権と言えば長い夏休み。
園児と同じだけの期間ですので1か月以上です。
保育園の先生にはない魅力ですよね

最近は、夏休み中に預かり保育などのも増えてきて、
幼稚園の先生にも夏休み中の出勤の負担が大きくなってきてはいますが
それでも、ありえないくらい長い有給には変わりありません。

幼稚園の先生の夏休みのお仕事は、主に日直になると思います。
預かり保育をしている場合も、全員が出勤ということはまずありませんので
日直のように交代制になります。

そこで、幼稚園の先生が夏休みを最大限に楽しむためには!
旅行や出かける予定を早めに立ててしまうことです!

日直を決めるとき、特に予定がないと、希望日がなくどの日でも大丈夫です~
という状態になります。
なので、予定があって、この日しか入れないという先生たちの穴埋めをすることになります。

そうすると、飛び飛びで日直が入って、まとまって休めなかったり、
かえって後から予定が立てられなくなってしまうのです。

日直も決まっていないのに、早々と予定を入れてしまうことに気が引ける人でも
「帰省する」ということにすれば、いやな目では見られないはず。

思い切って予定を入れ込んでしまった方が、楽しく夏をすごせますよ。

また、夏休み中は、宿泊施設も、飛行機のチケットなども高額になります。
春ごろから計画を立てて前割を利かせてお得にレジャーを楽しんじゃいましょう。

コメントを残す