保育士のお仕事で、大変なのは??

sdfg保育士の仕事は膨大で、
大変なことはたくさんありますが、
保育中だと、私はお昼寝が一番苦労しました。

やっぱり、安心しきっているお母さんと眠るのと
先生だと違いますよね。
ましてや私はパートで毎日いるわけではなかったので余計です。

なかなか安心してもらえず、
興奮して遊びだしてしまう子や
私に触れられるのを拒否する子、様々でした。

薄暗くして暖かいお部屋で
子どもたちをトントンさせているうちに
こちらがうとうと眠くなってしまうこともしばしば。

保育園で、同じ年齢の子どもたちが集まっていれば
ある程度同じくらいの体力と生活リズムなので
眠くなる時間も一緒くらいですが、

託児所で、異年齢が混ざった状態だと、
小さい子は早く眠くなるし
大きな子はまだ眠くないしでもう大変。

まだ眠くない大きな子が遊びだすのに
便乗して、もう眠くて仕方ないはずの子たちも
興奮してなかなか眠れなかったりします。

本来、家庭でなら
眠くなったときに寝る、というのが
お昼寝のスタイルですよね。

でも、集団生活の場合はそうはいきません。
決められた時間に寝かせる、
ということの難しさを毎日感じていました。

でも、子どもたちの成長・発達のためには
お昼寝はとても大切な時間です。

安心して眠れるようにしてあげるのも
保育者の大切な務めと言えますね。

コメントを残す