保育士資格をとるための三つの実習

images89RTM4CX保育士資格を取得するために、学校に通って単位をとる方法だと、
授業を受けることとは別に、実習が入ってきます。

私の場合は三か所での実習でした。
私立保育園、公立保育園、福祉施設です

保育園の実習は、私立と公立だと
保育内容より、職場環境や雰囲気などが違っていたりして
とても勉強になりました

あくまで私の主観ですが、
公立はいかにも公立!という感じで、
先生方も、オンオフを切り替えて仕事をしているような印象をうけました。

一方、私立の方が残業が多そうな、保育に熱い感じがしました。
私立保育園に入園する子は、必ずしもママが働いているわけではないので
行事なども、親が見に来れないことが多い公立よりも力が入っているように思います。

もう一つの実習先の福祉施設ですが、
福祉施設と言っても様々です。

児童養護施設や、障碍者支援施設、老人ホームもそうですね。

私が実習をさせていただいたのは
障碍者の方が暮らしている施設でした。

最初は未知の世界で戸惑いましたが、
実習しないと知ることができない世界だったのでとてもいい経験になりました。

私が行ったのは成人の方の施設でしたが、
子どもに携わる仕事をする上で、障害を持った子どもたちの未来について知ることは
とても大切なことだと思いました。

そして、色々な社会の現実を知ることもまた、豊かな保育の源となると思います。

実習ができるというのはとても幸せなことです。
今しか見ることのできない世界を、自由な視点で観察し、
たくさんのことを吸収できるといいですね。

 

コメントを残す